お知らせ

 当院職員の新型コロナウイルス感染症の発生について(2022.1.14)

本年1月11日(火)当院スタッフ1名が新型コロナウイルス感染症と診断されました。 (当該職員は同日当院へ入院し加療中です)
同日中に当該職員と1月9日(日)以降接触のあった患者様、職員に関する接触状況に関する調査を行ったところ、入院患者1名を濃厚接触と判断しました。その患者様は隔離対応とし、現在病状観察中です。 1月14日現在、当該職員に関連した新たな新型コロナウイルス感染症は確認されていません。
現在、オミクロン株の流行により日本は第6波に入ったと考えられます。
連日新型コロナウイルス感染症の新規感染者の増加が報告されており、今後しばらくの間は流行が続くと考えられます。
当院としましては、今まで行ってきた感染予防対策を続けて参りますが、職員の新たな感染者、濃厚接触者の発生に際しましては、当院の診療機能の制限を余儀なくされる可能性があります。できるだけ利用者様への影響を少なくする様努力していく所存です。ご利用の患者様にはご負担、ご心配をおかけしますがご協力、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

院長