新型コロナウイルスワクチン接種についてのお知らせ

 申し込みできる方

接種券(または接種券付き予診票)をお持ちの方

お住まいの市町村から接種券(または接種券付き予診票)が届いていない方のお申し込みはお受けできません。
接種券がお手元にあることをご確認の上、お申し込み下さい。

3回目接種以降の方は、前回接種から3ヶ月以上空けてご予約下さい。

至近で新型コロナウイルスワクチンとその他のワクチンを接種する場合は、それぞれのワクチン接種から2週間以上の間隔を空けて接種して下さい。ただし、新型コロナウイルスワクチンとインフルエンザワクチンにおいては、接種間隔は必要はありません。

妊娠されている方は妊娠13週以降の方が対象となります。妊婦の方は必ずかかりつけ産科医とご相談の上お申し込み下さい。

システムの都合上、院内設置端末からのお申し込みには当院の診察券が必要となります。

 申し込み方法

年齢や接種回数でお申し込みの窓口が異なります。お間違えの無いようご確認の上お申し込み下さい。

当院で扱う新型コロナワクチン(一般向け)につきましては、10月3日(月)よりオミクロン株対応ワクチンとなります。
1日の予約数には限りがございます。

12歳以上(一般)5歳~11歳(小児)
1回目2回目Webお申し込みは
終了致しました
成田市
接種予約サイト
院内設置
予約端末
×お申し込み不可×お申し込み不可
3回目以降Web成田市
接種予約サイト
成田市
接種予約サイト
院内設置
予約端末
お申し込み可×お申し込み不可

窓口でのお申し込みは原則お受けしておりません。

Web(ホームページ)からの申し込み
院内設置の予約端末にて予約
  • タッチパネルを操作し、ご自身で予約を取得して頂きます。
  • 端末の操作には当院の診察券が必要です。
  • 12歳以上の方が対象です。5~11歳の方はWebからお申し込み下さい。
  • 本日より2日後からのご予約が可能です。
  • 受付時間は、8:30~17:00(土日祝除く)です。
 接種時間
一般(12歳以上)小児(5歳~11歳)
接種開始時刻15:00~14:00~
受付開始時刻14:00~13:30~
  • 接種開始時刻までに検温所横の接種受付にて受付をお済ませ下さい。時間厳守でお願い致します。
  • 予診票の記入がお済みでない方は、早めに来院し記入を済ませお待ち下さい。
  • 受付開始時刻は14:00~(小児は13:30~)です。それ以前に来院されても受け付けできませんので、予めご承知おき下さい。
 副反応等に係るご相談は

千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口をご利用下さい。

専門的な知識を有する医師のバックアップを受けて、看護師等が24時間体制で相談に応じます。

 03-6412-9326
 留意事項
  • 接種日の変更はお受けできません。一旦キャンセルとなりますので、キャンセルされる場合は必ず窓口またはお電話にてご一報下さい。
     0476-22-1500(代表)
  • 医師またはワクチンの都合により、急な中止・延期をお願いする場合がございます。
  • 1回目接種が12歳未満の方は、2回目接種も小児用ワクチンを使用します。2回目接種時に12歳以上になっていても小児用ワクチンとなります。
  • 当日のお持ち物は下記になります。忘れずにお持ち下さい。
    • ・接種券(または接種券付き予診票)
    • ・保険証
    • ・診察券
    • ・母子手帳(16歳以下の小中学生)

    必ず保険証本体をお持ち下さい。お持ちでない場合はワクチン接種を行えません。

  • 移動や予診票の記入が困難な方には、ご家族がお付き添いの上ご来院下さい。
  • お付き添いの方はおひとりまでとさせて頂きます。
  • 接種を受ける方・お付き添いの方は、来院前に風邪症状がないかをご確認下さい。
    咳・のどの痛み・頭痛・37.5度以上の発熱・鼻水・痰・下痢・嘔吐などの症状がある方は、医師の判断により接種を中止する場合がございます。
  • 当日来院された際は、検温所横の接種受付へお越し下さい。保険証を確認致しますので、すぐに出せるようにご準備をお願い致します。
  • 当日は肩を出しやすい服装でお越し下さい。
  • ワクチン接種後は15~30分の経過観察を行います。体調に異変を感じた際は、すぐにお近くのスタッフへお声かけ下さい。

ファイザー社製ワクチンの有効期限延長について

令和3年10月22日付けで厚生労働省からの事務連絡において、ファイザー社製ワクチンの有効期限の延長について通知がありましたので、お知らせいたします。

 概要

ファイザー社製ワクチンは、超低温(-90℃から-60℃)で保存する場合の有効期限が「6か月」から「9か月」に延長されました。
令和4年2月28日以前の有効期限がバイアル(ラベル)に印字されているワクチンには、製造日から「6か月後」の有効期限が印字されていますが、有効期限が「9か月」まであるワクチンとして取り扱って差し支えないこととされました。

 当院の対応

2月1日接種分より、接種済証明書のLotシール貼付欄下に、『有効期限の誤認防止用シール』を貼付しています。

 有効期限の延長に伴う読み替え対象ロット

具体的な有効期限は、「ロットNo.別武田/モデルナ社ワクチンの有効期限」 をご覧下さい。
また、有効期間の取扱いの情報については、厚生労働省ホームページ(外部リンク)をご参照下さい。