総合医療センター成田病院

お問い合わせ電話番号

総合リハビリテーションセンター

作業療法について

手の機能向上と、日常生活における諸動作(食事動作,更衣動作,家事動作,趣味活動など)の再獲得を目指して支援をさせて頂きます。
患者さんが主体的に生活を送れるよう、マンツーマンの練習を中心に行っていきます。

治療内容の紹介

  • 機能練習

    主に脳血管障害による麻痺や骨折、神経障害等によって動かせなくなってしまった腕や手を、生活の中でうまく使用していけるように練習を行っていきます。
    また、障害によって記憶力や注意力など高次脳機能・認知機能の低下をきたしている方に対して、生活場面で対応していけるように練習を行っていきます。
    作業療法では、様々な課題や道具を使用し、生活に必要な動作・活動へと繋げていきます。


    手指の筋力強化練習場面

    パズルを使用した練習場面
  • 日常生活動作・日常生活関連動作練習

    実際の生活を想定した場面で動作練習を行い、その方に合わせた動作方法を指導していきます。
    また、各動作の獲得に向けて、福祉用具の選定や住宅改修のアドバイスも行います。


    更衣動作練習場面

    調理動作練習場面
  • 作業活動

    手作業や手工芸をリハビリとして取り入れていきます。
    心身機能の改善を図るだけでなく、気分転換となる機会としても提供しております。
    ※当院で行っている作業活動の例

    紙細工・革細工・籐細工・木工・編み物・マクラメ・水彩画・習字など



ボトックス療法・rTMS(反復性経頭蓋磁気刺激法)治療について

当院の作業療法では、慈恵医大の医師の指示のもと、ボトックス注射を併用したリハビリ、rTMS装置を併用したリハビリを実施しております。→ボトックスについてはコチラ

pageTop

総合医療センター 成田病院|千葉県成田市押畑896番地