総合医療センター成田病院

お問い合わせ電話番号

総合リハビリテーションセンター

上下肢痙縮(けいしゅく)に対するボツリヌス毒素治療

当院では、外来診療にてボツリヌス毒素(ボトックス®)治療を実施しています。
脳卒中後遺症などによる、上下肢の痙縮(つっぱり)がある方が対象です。

■ 次のような症状でお困りの方などは是非ご相談ください

 痙縮が原因で痛みがある。
  肘が曲がるなどの容姿の問題。


 清拭などの時に指が開けない。
  脇が開かない。


 手が伸びない。物が抑えられない。
  物が掴めない。物が離せない。


 足首が内側に入ってしまう。


 足の踵に力が入って曲がってしまう。

脳卒中の後遺症、手足の筋肉のつっぱり(痙縮)

脳卒中の後遺症、痙縮およびボトックス®については、
グラクソ・スミスクライン社」のホームページに詳しく説明されていますのでご参照下さい。

■ 治療を希望される方へ(ボツリヌス毒素治療の流れ)

ボツリヌス毒素(ボトックス®)治療は予約制となっております。

ボツリヌス毒素治療の流れ

■ 外来担当医および診察日

担当医竹川 徹(たけかわ とおる)
診察日土曜日(不定期)
診察時間午前 9:00 ~ 11:30

pageTop

総合医療センター 成田病院|千葉県成田市押畑896番地